T300 x 香港出入国管理部の渡航文書提出キオスク

渡航文書提出キオスクは入国管理本部と6か所の入国管理事務所に設置されています

ケース記述

香港居住者はオンラインで渡航文書を申請し、前払いまたは入国管理局で自分で支払う必要があります。毎日現場での規定数量は限られた、書類の提出、面接、およびカウンターでの支払いには、申請プロセスに約30〜60分、さらに長く待ちます。香港の出入国管理部はより効率的にするためにセルフサービスキオスクを設置しました。

ソリューション

SPECTRA T300は、渡航文書の予約申請を支援するために、出入国管理部のセルフサービスキオスクに設置されています。申請の支払いプロセスを完了するためにEPSを受け入れています。すべての手続きは5分で完了して、別のカウンターに転換することなくキオスクで即座に支払いを完了します。T300は、クレジットカード、デビットカード、コンタクトレスカードおよびモバイル決済をサポートするオールインワン決済端末です。

改善

2019年5月14日から、28の渡航文書提出キオスクが入国管理本部と6つの入国管理事務所に設置されています。香港居住者は勤務時間内にセルフサービスキオスクを使用してHKSARパスポート申請書を提出することができます。セルフサービス申請は処理時刻表を60分から5分に短縮します。また出入国管理部の人員も削減されます。

ほかのケース研究は興味がある…

小売店の会計カウンター

香港トンネル

スタークルーズ